'."\n" ?> 今や税金さえもカードで払える時代です

今や税金さえもカードで払える時代です

更新日:

料金所や納税にてカードで支払う

クレジットカードの用途としては、主に2つあります。 まず1つ目は、料金所です。いわゆる自家用車などを用いて高速道路を利用する方々も見られますが、その際には当然料金所を使うことになります。

ところで料金所を通過する方法は2つあって、クレジット払いもしくは現金です。どちらもそれぞれメリットがありますが、スムーズにその場所を通過したい時には、前者のカードの方が向いています。ポイントなども付与されるので、いわゆるETC用のカードなどは、マイカー保有者必携とも言えます。

それと納税者です。税金を納める時には、クレジット払いも利用できる事があるのです。その時にもポイントが付く訳ですが、税金の場合はかなり大きな金額になる場合があります。そのポイント追加の割合も軽視できないので、納税の為にカード払いを利用する方も少なくありません。

ちなみに納税の為にカードを用いる方々は、ライトユーザーが多いです。あまり頻度多くカードは使いませんが、一度にまとまった料金を支払う時に、カード払いを利用している傾向があります。


審査なしで頼めたイチオシクレジットカード

私は金融機関のクレジットカードを利用したいと思っていたのですが、自分の条件で審査に通るのか不安でした。そのため暫くはカードの申請をしないでいたのですけど、ネットで調べていたら審査なしのクレジットカードこれがイチオシ!という特集がありました。

イチオシなのは分かったのですが審査なしでどう借りるのだろうと思って、その記事の内容を細かく読んでみました。そこで書いてあったのは家族のカードの利用する権利を、分けてもらう方法でした。

金融機関によっては家族が持っているカードの権利を、その親族に部分的に渡すことができると書いてありました。これなら私でもカードの利用ができるかもしれないと思って、夫に相談してみました。相談をしてみるとどのような用途に使うのかと聞かれたので、日常的な買い物に使いたいと答えました。

買い物に使えばポイントがもらえるので、家計が楽になると説明しました。 そう話していると納得してくれたようで、夫と二人で銀行まで行って新しいカードを作るように申請しました。カードの申請は夫が利用していた銀行だったので、思ったよりも簡単に頼むことができました。

特に審査といえるほどのことはなく、書類に記入して提出したらすぐにカードを貰えました。 利用できる限度額は低いカードでしたが、日常的に使ってポイントを貯めています。


債務者のデータを長期保持しているシーアイシー

信用情報機関には、お金を借りている方々に関する様々な情報が記録されています。いわゆる金融関連の組織の1つなのですが、シーアイシーなどもそれに該当するのです。

そして信用情報機関では、データを比較的長い間保管している傾向があります。いわゆる長期保持をしている機関になるのです。ですので数年前などのデータを、その機関で照会する事も可能です。

例えば数年前にお金を借りていたとします。その際に滞納が発生した等の情報も、お金を借りていた本人としては、確認をする事ができる訳です。ちなみに窓口にて、その情報は閲覧できます。 また信用情報機関は、お金を借りている方々全員のデータを統計という形で公表しています。何人ぐらいがお金を借りていて、そのトータル金額をどれ位なのかも全て公表されている訳です。

いわゆる賃金統計概況と表現される事が多いです。公的機関の方々などは、その概況のデータを確認して、全国の融資者に関するデータを調査している事も珍しくありません。


住宅ローンの金利の借り換えをしました

マイホームの購入には住宅ローンはつきものです。銀行から融資を受けると、30年から35年の長期にわたって返済しなくちゃならないので、ローンを組む時には色々と調べて慎重になる必要があります。住宅ローンを現在利用している人にとっての超定番といえば、借り換えです。例えば変動金利で借りている場合は、この先いつ金利が上がるかわからないので、超低金利の今こそ固定金利に借り換えておく必要があります。 固定金利なら、この先金利が上がっても低い金利のままローンを支払い続けることができて非常に有利です。また最近では、預金連動型で金利がゼロの住宅ローンもあるんですよ。これに借り換えたら、数百万単位でローンの支払総額に差が出るんです。

このような超定番の借り換えという方法があるのに、世間の人はあまり気がつかないようです。というより、手続きなどが面倒なのでつい現状のままにしちゃうんですね。働き盛りでバリバリ仕事をしている時は、ローンの重みというのは余り感じないものです。しかし定年間近になってくると、かなり切実に感じられてくるんです。その時になって借り換えしとけば良かったと後悔しても、遅すぎます。低金利の今のうちに借り換えをしておけば、将来きっと感謝する日がきます。